香典について恥をかいてしまったこと

いつのころからそうなったのかは、はっきりと覚えていませんが、お通夜やご葬儀の際の香典を持参しても受付で「故人の遺志により御香典はご辞退させていただきます」という表示や看板が立っており、それでも香典を出したりすると受付の人から、受け取るのを断られるということが当たり前になってきたようです。
ここ数年で出席させてもらったお通夜やご葬儀に関して言えば、すべてが香典の辞退になっていました。

焼香の仕方・数珠の扱い方

「故人の遺志」と書かれてあると、それを無視して無理やりおいていくということも、なかなかしにくいものです。
しかし、親類などのお通夜やご葬儀でありますと、読経の後ではたいていは会食や精進落としの料理がふるまわれることが多いですから、香典などを辞退された上でそのような気遣いをされるとちょっと複雑な気分になってしまうのも確かでした。

別紙 告別式を2回に分けて行った場合の相続税の葬式費用の取扱いについて|名古屋国税局|国税庁

それに、もう一つこの香典の辞退に対して思うのは、自分の家族の通夜や葬儀の際に香典を頂いたこととがある場合です。
お返しというわけではありませんが、頂いたことがあるのですから、こちらからもお出ししたいという気持ちがあるのに受付で辞退となれば出しにくくなります。
私の場合は受付で受け取らなければ無理に出すことはしませんでした。

密葬・家族葬ホール斎苑

しかし、ある親族の葬儀に出席したときに驚いたのは、受付では香典辞退とかいていたのですが、親類などは読経の後で、それぞれが喪主さんに香典を渡しているのを見たのです。
そして、喪主さんはその香典を受け取っています。
私もあわててそれに倣ったのですが、それまでこのように渡すこともあると考えもしませんでした。
もしかしたら、それ以前の親族の葬儀でもそのような香典の受け渡しがあったのではないか、知らなくて渡さなかったのは自分だけではないかと、恥ずかしい思いをしたのです。
まさかいまさら、前の葬儀のことを問い合わせるわけにもいきません。はたして他はどうなのでしょうか。